運輸安全マネジメント

輸送の安全に関する基本方針

(1)輸送の安全に関する基本的な方針を基本理念として設定し、社内に周知する。

①社長は、輸送の安全の確保が事業経営の根幹であることを深く認識し、社内において輸送の安全の確保に主導的な役割を果たす。また、現場の状況を十分に踏まえつつ、社員に対し輸送の安全の確保が最も重要であるという意識を徹底させる。

②輸送の安全に関する計画の策定・実行・チェック・改善を確実に実施、安全対策を不断に見直し、全社員が一丸となって業務を遂行することにより、絶えず輸送の安全性の向上に努める。

③ 1年ごとに見直し(現行の安全方針の変更の必要性の有無を検討すること、周知方法を見直すこと等を含む。)を行う。

④ 輸送の安全に関する情報については、インターネット、応接室、社内掲示板等にて積極的に公開する。

輸送の安全に関する目標及び達成状況
safety management.pdf(123KB)令和2年度 >>
≪2020年目標≫
・重大事故の発生0件

≪2019年達成≫
・重大事故(自動車事故報告規則第2条)件数 0件達成
輸送の安全に関する行動計画
・運行前の車両点検
・運行前点呼による体調管理
・運転前のアルコールチェッカーによる検査の徹底
・安全教育指導
輸送の安全に関する行政処分
1.行政処分:該当なし
2.処分により講じた措置等:該当なし

Gマーク認定

岡山中央陸運倉庫株式会社は、国土交通省が推進する
「安全性優良事業所」の認定を受けています。
(Gマーク認定制度とは、安全性の高いトラック運送事業者を選ぶための目安です。)